小学校訪問 いじめに熱心な校長先生とお会いしました

校長室や職員室に入るのはいつ以来でしょうか。

弊社のいじめ匿名サービス「マモル」に興味をもってくれた
校長先生はじめ20名の先生方へ使い方の説明をさせていただく機会を頂きました。

説明の後は、校長室で校長先生と個別に1時間話しをしました。
この学校は比較的いじめがなく、平和の学校との事ですが、校長先生の思いは
今より学校の雰囲気がもっともっとよくなること。
子ども達が笑顔でいること。

「いじめ防止対策推進法改正案」には
いじめを放置した教職員を懲戒処分の対象とすると明記されています。また、いじめ防止対策を「学習指導等と等しく重要な事務」と明記しいじめ防止を教職員の義務と位置付けています。

これは「いじめ問題に関心が薄い場合が多い」と言われている教職員の意識改革を促す狙いがあるようですが、
いじめを少しでも未然に防ぎたいと思っている熱心な先生方がいるのも事実。

ただ、本当に先生方は忙しい。
どうすればもっと先生方の負担を軽減させることのできるシステムになるのか。まだまだ考える事は山積みです。