2019年5月29日

イベントレポート 「無関心を打破する社会問題の伝え方」

5/22(水)に行われたイベント

画像1

リディラバジャーナル編集部と考える-「無関心を打破する社会問題の伝え方」に参加しました。リディラバジャーナル編集部メンバーが登壇するとあってか、ファンの方をはじめ、社会問題に関心のある方が100名近く参加していました。

facebookのイベントページでは1,000人を超える方が興味ありボタンを押したそうで、皆さんの関心の高さが伺えます。これは運営母体文京区社会福祉協議会のフミコム始まって以来の大人気イベントだったようです。

ちなみにリディラバジャーナルとは、社会問題をテーマとした有料ウェブメディアです。

 

タイムスケジュール無視!安部節が炸裂

リディラバ 代表・安部敏樹さんが登壇し、お話があったのですが、

本当に面白く、安倍さんがお話する時間を大幅に超え、

20:30終了予定だったイベントも当然延長となり、大盛り上がりでした。

画像2

貧困、ホームレス、フードロス、ヘイトスピーチ等話題は様々でした。

画像3

特に私が日々活動している分野でいうと

・核家族化が進み、子育てが家庭で十分になされなくなったので機能せず、子育てを学校に押し付けている。

・貧困や引きこもりの問題は、「個人が悪い」と言われがちだが、頑張りたくても頑張ることができない人がいることも理解しないといけない。構造化を理解し、社会の問題として考えないといけない。

これは誰もがうすうす感じている事かもしれませんが、こうやって言語化される事で改めて意識されるのかもしれません。

画像4

仲間になりませんか?

 

私の会社、株式会社マモルでは
いじめを少しでも減らしたいという思いで活動しています。

・いじめを減らすためのシステムを作りたい
・マモルの活動を一緒に広げたい
・こどもの教育に興味がある
・文章を書くのが好き、情報発信が得意

在宅ワークOK、複業OK、お子さん連れでのMTGももちろん大丈夫です。
少しでも気になる方がいたら、FBメッセージでもTwitterDMでもメールでも、ご連絡ください!

ブログ