2019年4月18日

いじめ防止×IT 株式会社マモルを経営しています。

 

挨拶

はじめまして。株式会社マモル代表のくまゆうこといいます。

代表がもっと会社の事業について発信していくべき!と、自分自身でも思っていましたし、
社内でも突き上げを食らっていましたが、2019年、とうとうはじめます!このマモルという社名は、そのものずばり「守る」から来ています。

では、何を守るのか。

我が社のメインの事業に関わってくることですが、
子どもたちをいじめから守る、ということです。

どういうことかと言いますと、
いじめを未然に防ぐシステムを開発し、全国の学校に導入して運営しています。
これについてはまた別の回に詳しく書くとして。

どうしても、「いじめ」というと、当事者やその親、それに関わる教員をはじめとする教育関係者など以外、立ち入ることがほとんどないように感じています。
センシティブな問題ですし、仕方ない側面もあるでしょう。

第三者の目が入るのは、それこそ死を選ぶなど、辛い結果になったときだけ。

それではあまりにやりきれない。

もっと一般に開かれた世界で、ビジネスの視点を取り入れることはできないのか。
IT業界で新規事業のコンテンツ企画をやってきた経験を活かしながら
いじめを今までと違った形で、ITを使って変えることができないかと、模索中の日々です。

そうそう、先日、うれしいことがありました。
ある校長先生より「齋藤さんはいじめについて真剣に考えているね」と
おっしゃっていただいたのです。

教員でもなく、教育関係者でもなく、どちらかというと学校教育には無縁な私ですが、
真剣に、「いじめで苦しむ人を減らしたい」と思ってこの事業をやっています。

ですから、まさにいじめの現場の最前線にいる先生にそう言ってもらえて、
少しは思いが伝わっているのだと思えたのです。

多くの人が「いじめで自殺する人が1人でも減ればいい」「学校で殴られたり、お金を取られたりする人が1人でも減ればいい」という気持ちを持っていると思います。
でも、誰かが答えを出してくれると思ってないでしょうか。

学校が悪い、教師が悪い。
でも具体的にどう悪いのか。
真剣に対応してくれないと言うのは簡単ですが、学校現場のことも知らないと、
建設的な議論はできないと思います。

まず相手の状況を知ることがはじめの一歩。
そう思いながら、今日も学校関係者の皆さんとお話させて頂いています。このマモルという社名は、そのものずばり「守る」から来ています。では、何を守るのか。我が社のメインの事業に関わってくることですが、
子どもたちをいじめから守る、ということです。

どういうことかと言いますと、
いじめを未然に防ぐシステムを開発し、全国の学校に導入して運営しています。
これについてはまた別の回に詳しく書くとして。

どうしても、「いじめ」というと、当事者やその親、それに関わる教員をはじめとする教育関係者など以外、立ち入ることがほとんどないように感じています。
センシティブな問題ですし、仕方ない側面もあるでしょう。

でも、第三者の目が入るのは、それこそ死を選ぶなど、辛い結果になったときだけ。

それではあまりにやりきれない。

もっと一般に開かれた世界で、ビジネスの視点を取り入れることはできないのかーー。
IT業界で新規事業のコンテンツ企画をやってきた経験を活かしながら
いじめを今までと違った形で、ITを使って変えることができないかと、模索中の日々です。

そうそう、先日、うれしいことがありました。
ある校長先生より「齋藤さんはいじめについて真剣に考えているね」と
おっしゃっていただいたのです。

教員でもなく、教育関係者でもなく、どちらかというと学校教育には無縁な私ですが、
真剣に、「いじめで苦しむ人を減らしたい」と思ってこの事業をやっています。

ですから、まさにいじめの現場の最前線にいる先生にそう言ってもらえて、
少しは思いが伝わっているのだと思えたのです。

多くの人が「いじめで自殺する人が1人でも減ればいい」「学校で殴られたり、お金を取られたりする人が1人でも減ればいい」という気持ちを持っていると思います。
でも、誰かが答えを出してくれると思ってないでしょうか。

学校が悪い、教師が悪い。
でも具体的にどう悪いのか。
真剣に対応してくれないと言うのは簡単ですが、学校現場のことも知らないと、建設的な議論はできないと思います。

まず相手の状況を知ることがはじめの一歩。
そう思いながら、今日も学校関係者の皆さんとお話させて頂いています。

仲間になりませんか?

私の会社、株式会社マモルではいじめを少しでも減らしたいという思いで活動しています。

・いじめを減らすためのシステムを作りたい
・マモルの活動を一緒に広げたい
・こどもの教育に興味がある
・文章を書くのが好き、情報発信が得意

在宅ワークOK、複業OK、お子さん連れでのMTGももちろん大丈夫です。
少しでも気になる方がいたら、TwitterDMでも会社問い合わせメールでも、ご連絡ください!

 
ブログ