2022年7月4日

同調圧力と孤独 みんなとは違うことをする「個」になる

こんにちは。株式会社マモルの代表のくまゆうこです。

いじめを語るときに、必ず話題にでるのが同調圧力です。

<同調圧力とは>

少数意見を持つ人が多数意見に合わせるよう暗黙のうちに強制するもの

特に日本人は同調圧力が強いと言われています。海外で生活している人にも同じようなことを言われました

「みんなと同じことをしないと」

初めにいじめと書いてしまったので悪いことを連想してしまいますが、もちろんいい意味でも働く場合もあります。

順番を待つ時は、「みんなが列を作っているから並んで待とう。」とみんながなるのでトラブルも起こりづらくなります。

ですがいじめの場合はそれが悪い方向に働きます。

いじめの同調圧力

Church at home, community service at home, gospel mission. 3D illustration

いじめの同調圧力の例を出すと

「みんなが無視しているから、話しかけたいけど私も無視する」

「みんなが消しゴムのカスを投げていて、いじめられたくないから私も投げる」

などなど。

いけないこととわかりつつも、「みんながしているから」と正常な判断ができなくなり、いじめている人と同じことをするようになります。

ちなみに学校のいじめだけではなく、職場のいじめをエスカレートさせるのも同調圧力ですね。

 

「Aさんにみんなが強く当たるから私も強く当たろう」

「みんなAさんに仕事を横流ししてるから私もAさんに仕事を横流ししよう」

などなど

 

「みんながしているから」の同調圧力が集団でいじめが発生する原因となります。

同調圧力の反対の孤独

同調圧力の反対語は孤独だと言われています。

孤独と聞くと寂しい感じになりますが、「みんなと同じことをしなくても気にしない」と言う意味です。

みんなと同じことをしない「孤独」でも気にならない。孤独に強いと、気にならずに「自分」を意識して他人に流されずに行動をすることができます。

最近は、「幸せな孤独」とか 「孤独が人を強くする」という本もでていますね。

Amazon.co.jp : 幸せな孤独

孤独がきみを強くする | 岡本 太郎 |本 | 通販 | Amazon

もちろん「孤独」がすぎると、みんなが自分勝手なことをしてまとまりがない集団になってしまうため、適度な「孤独」が大切です。

同調圧力を逆手にとる

日本人の同調圧力を利用して「いじめ」を無くす方法もあるのではないかと思います。

これはよく傍観者の大切さでも、言われることですが、いじめている人がいるとすれば カッコ悪いとか良くないということを伝える。

みんながいじめをカッコ悪いと思うことができれば、いじめがなくなるかもしれません。

同調圧力というと悪いイメージになりがちだが、どう同調圧力を使うかが重要です。

ここが難しいのが、ここでも同調圧力が過ぎると「いじめ」になってしまうと言うこと。

例えばみんなが1人に「カッコ悪い、信じられない」と強く伝えてしまったらそれはいじめと違いがありません。

正しいことを一緒にして、悪いことは正しい方にする「同調圧力」。

悪いことには流されない「孤独」

どちらもいい塩梅でバランスを保てるようになりたいものです。

ブログ